MENU
ultrasonic-main

超音波/診療内容

超音波/設備紹介

超音波装置

超音波断層装置です。
超音波検査ともエコー検査ともいいます。
肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓などの検査に非常に役立ちます。
甲状腺の検査や頸動脈の動脈硬化を調べる検査にも利用できます。

超音波/検査症例

肝血管腫

肝血管腫とは、肝臓にできる良性の腫瘍で、内部は大小の血管からできています。

肝細胞癌

肝細胞癌は多くの場合は慢性肝炎や肝硬変を持つ患者におこり、症状や兆候は肝硬変の進行を示唆するものとなるので肝細胞癌そのものでの症状は初期には全くみられません。

大腸癌の肝転移

早期に発見された大腸がんでは肝転移を認めることは極めて稀ですが、しばしば肝臓に転移することがあります。
肝転移は、腫瘍が余程大きくならない限り特有の症状はありません。ですので、転移性肝がんを早期発見するためには超音波検査、CTなどの画像診断と腫瘍マーカー測定などの定期的なチェックは欠かせません。

胆石

胆石は、肝臓から分泌される、胆汁の成分が固まって胆嚢内・胆管内に溜まったもの。
胆嚢炎などは、ほとんど、胆石が原因である。
胆石の成分によって何種類かあり、色も形も多様です。

胆嚢ポリープ

胆嚢の周囲の粘膜面と区別できる、2cm以下の限局性の粘膜の盛り上がりを胆嚢ポリープといいます。
検診や超音波検査よって発見率が高まっており、その頻度は5~10%です。良性のものがほとんどですが、大きくなると悪性の可能性が高くなるので注意が必要です。

胆嚢癌

胆嚢癌は、胆嚢から発生する悪性腫瘍である。
早期に発見されることが少なく、有効な治療法に乏しいため、全体的には予後の悪い癌です。

腎結石

腎結石は腎臓機能を低下させることがあるため、様々な腎臓病の原因も繋がります。
その多くは、自覚症状がないため放置されています。健康診断などでの超音波検査の際に発見されることが多いです。

腎細胞癌

以前は、目に見える血尿や側腹部の腫れ、側腹部の痛みなどの局所の症状や、原因のはっきりしない発熱、体重減少などの全身症状を契機として発見されることが多くみられました。
しかし最近は、超音波検査やCT検査などが普及したことにより、健康診断や他の病気で検査を受けた際に偶然発見される、症状のない小さな(例えば直径3cm以下の)腎細胞癌が増加しています。

膵臓癌

膵臓癌は、膵臓から発生した悪性腫瘍。
早期発見が非常に困難な上に進行が早く、極めて予後が悪くなってしまいます。

医院案内

医院名山路クリニック
TEL0798-34-6650
所在地〒662-0973 兵庫県西宮市田中町3-1-208 エイヴィスプラザ2階 (ダイエー阪神西宮店2F)
診察科目内科/放射線科/消化器内科/呼吸器内科
設備機器胃カメラ/CT/超音波

診療時間

 
9:00~12:30
16:00~19:30

【駐車場】
地下駐車場をご利用ください。
(50台。ビル東側に入り口あり。サービス券を発行いたします。)

※地図をクリックするとGoogleマップを表示します。